日本からドイツでおすすめのVPN5選【2022年最新】

日本からドイツに旅行する場合、「どんなVPNでもインターネット検閲を回避できるだろう」と思っていませんか?

しかし、ドイツのインターネット検閲は非常に厳しく、ほとんどのVPNは使い物になりません。中には使うと危険なものもあります。ドイツで普通のVPNを使うと、接続できないだけでなく、プライバシーを危険にさらすことにもなりかねません。

また、VPNが利用できるかどうかは、あなたの住んでいる地域によっても異なります。

この記事では、ドイツで使えるおすすめのVPNをランキング形式でご紹介したいと思います。

目次

【2022年最新】ドイツにおすすめのVPNランキング

  1. ExpressVPN– 超高速通信でいつも確実に接続でき、業界最先端のセキュリティ対策機能があるのでドイツにおすすめのVPNランキング第1位となりました。
  2. Astrill VPN– ネット検閲の厳しい国のために設計されたセキュリティ対策機能がありますが、サーバー数は上位のVPNより少なめです。
  3. VyprVPN– サーバー数は比較的少ないものの、ダイナミックなサーバー切り替え機能で通信速度とセキュリティ対策をアップします。
  4. PrivateVPN– 多くのサーバーがドイツにあるので通信が速いですが、合計サーバー数はあまり多くありません。
  5. Hotspot Shield– ネット検閲が厳しい地域でも高速通信を楽しめるよう、充実したセキュリティ機能がありますが、いくらかログを記録しています。

VPNランキングの評価基準について

当サイトでおすすめするVPNの基準は5つあります。

通信速度が速いこと

アプリやサイトがロードできない、空白のページしか表示されないなどと言った状況ではインターネット通信自体が遮断されている可能性があります。当サイトの調査チームはインターネットサーフィン、ストリーミング、ファイルのダウンロード、ゲーミングなどを複数のサーバーで試し、速度を測定しておすすめのVPNで必ず高速通信を楽しめるのか確かめています。

近隣国にサーバーがあるかどうか

スピーディーな通信を楽しみたい場合は現在いる場所の周辺地域にあるVPNサーバーに接続するのがおすすめです。

ドイツのテスターたちはそのようなサーバーの通信速度とパフォーマンスの安定性を確認しています。

高度な暗号化による安心のセキュリティ

ドイツでは軍事レベルの高度な暗号化が必要不可欠です。そのため、この記事でおすすめしているVPNはすべて業界でもトップクラスのAES 256ビット暗号化でデータを保護しています。アメリカ政府が使っているのと同じ種類の暗号化です。ドイツ在住の専門調査チームは、それよりレベルの低い暗号化を採用しているVPNはドイツではおすすめできないと話しています。

自動停止スイッチがあるかどうか

ドイツでVPNを使ってインターネットサーフィンする場合、突然通信が途絶えることは珍しくありません。このようなトラブルが発生した時、データや個人を特定できる情報が漏洩しないように対策するのが非常に重要です。この記事でおすすめしたサービスはすべて自動停止スイッチがあります。この機能は、VPNとの接続に問題が合った場合に直ちに通信を遮断するため、プライバシーを確実に守ってくれます。

初心者でも簡単に扱えるか

VPNの使い方を調べるために時間を無駄にするのは嫌ですよね。そのためこの記事では使いやすいサービスだけをご紹介しています。初めてVPNを利用する方でもこの記事でご紹介したサービスはとても簡単にインストールしてセットアップできます。専門知識がなくても快適にVPNをご利用いただけるものばかりです。

ドイツで使うのにおすすめのVPN 【2022年1月最新】

ここでは、ドイツ各地の専門家チームが定期的に行っている調査結果をもとに、現在ドイツで推奨されているVPNを紹介します。

ドイツに1ヶ月以内しか滞在しないのであれば、30日間の返金保証があるVPN(ExpressVPNなど)に加入するのが良いでしょう。日本に帰ってきてから返金を請求することができます。

ExpressVPN―業界トップの通信速度、セキュリティ対策、安定性

  • 香港、日本、シンガポールを含め、90か国に3,000個以上のサーバー
  • 通信が超高速
  • 隠しサーバーでグレートファイアウォールを回避
  • ストレージはRAMで、セッションごとに全データを消去
  • AES 256ビット暗号化、停止スイッチ、DNS/IP漏れ対策
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、SHOWTIMEなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Chrome、Firefoxなど
  • アプリは日本語など多言語に対応

ベトナムで使えるVPNで一番おすすめなのはExpressVPNです。いつも通信がとても速く、高度なセキュリティ対策機能があり、便利な機能がたくさんあるのでほかのVPNサービスより一歩先を進んでいます。

まず、香港、日本、シンガポールなどベトナムに違い国を含め、90か国、160か所に3,000個以上のサーバーがあります。ベトナム在住のテスターたちはこれらの国のサーバーに接続しています。VPNサーバーが実際の現在地に近ければ近いほど通信速度が速くなるからです。

ExpressVPNのスピードテストの結果を見ると、どの国のサーバーに接続しても超高速だということが分かります。ベトナムでも確実にインターネットサーフィン、ストリーミング、ダウンロードなどを楽しめます

ExpressVPNは「隠しサーバー」を用意しています。これは通信だけでなく、VPNを使っていることも完全に隠すサーバーのことです。

ベトナム在住の調査スタッフは「ExpressVPNは高度なセキュリティ機能があるので信頼できる」と話しています。データは256ビットキーのAES暗号化で保護されます。これはアメリカ政府が採用している暗号化と同じです。DNSおよびIP漏れ対策もあり、現在地や通信が漏洩してしまうことはありません。

さらに、ベトナムでは通信障害があることは珍しくありませんが、ExpressVPNは自動停止スイッチがあり、通信に乱れがあった時に自動的に通信を遮断してくれます。情報漏洩を確実に防止できるわけです。

もう1つ役立つ機能はスプリットトンネリングでしょう。どのアプリの通信をVPNの隠しサーバーに経由させるか選べるので、国内サイトにアクセスしながら海外のサイトも利用できます。

ExpressVPNは厳しいログなし方針もあるので、ブラウジング履歴を保存されることはありません。TrustedServer技術ではハードドライブにデータを書き込むのではなく、サーバーはRAMで動作します。サーバーを再起動するたびにデータは一掃されるので、サードパーティがデータにアクセスするリスクを削減できます。

1つの契約で5台まで端末を同時に接続でき、トラブルがあった場合は24時間年中無休体制のライブチャットサポートがあるので安心です。ライブチャットを利用できない場合はメールでサポートチームに問い合わせることもできます。

30日返金保証もあり、リスクなしでExpressVPNを試してみることができます。ベトナムで確実に利用できると確認してから支払えば良いのです。

今すぐExpressVPNをお試しください!

Astrill VPN―ベトナムで利用することを想定して設計されたVPN

  • 50か国に100個以上のサーバー
  • ステルスVPNプロトコルでファイアウォールをラクラク通過
  • スマートモードで国内のIPアドレスを取得。高速通信を実現
  • 自動停止スイッチでいつでもきちんとデータを保護
  • 同時に接続できる端末数が無制限
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、HBO GOなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linuxなど

Astrill VPNは上位のVPNよりかなり小規模なサービスです。世界各国に配備されたサーバー数は少なめですが、とても効果的なVPNです。

Astrill VPNはネット検閲が厳しい地域で便利な機能がいくつかあります。グレートファイアウォールを回避する方法についてじっくり考えて開発されているのは頼もしいと思います。

Astrill VPNは50か国に100個以上のサーバーがあります。比較的少ないですが、香港、日本、台湾、シンガポールにサーバーがあるのでベトナムに近いサーバーに接続すれば高速通信を楽しめます。

また、OpenVPNを基にステルスVPNという独自のプロトコルも開発されています。厳しいネット検閲がある国で利用するために設計されているプロトコルで、ファイアウォールも回避できるように追加のセキュリティ対策があります。

スマートモードもユニークな機能です。海外のIPアドレスではなく、地元のIPアドレスを使える機能です。通信速度がアップし、VPNを使っていることを知られにくくなります。

他の大手VPNと同じでAstrill VPNも自動停止スイッチがあり、いきなり接続が途絶えたときに誤って情報が漏洩してしまうのを防止します。調査スタッフによると、ベトナムでは接続が不安定なのでこの機能はとても重要なのだそうです。

きちんと匿名化して個人を特定されないようにするためにはマルチホップ機能が役立ちます。通信を複数のサーバーに経由させる機能です。

また、1つのアカウントで何台でも端末を接続できます。サポートは24時間年中無休のライブチャットを利用できます。

他のおすすめVPNとは違い、Astrill VPNは返金保証がないことにご注意ください。

PrivateVPN―名前の通り、しっかりプライバシーを保護

  • 香港、日本、シンガポールを含め、60か国に200個以上のサーバー
  • データ通信量・帯域が使い放題なのでストリーミングやダウンロードに便利
  • 自由にサーバーを切り替えられ、通信をより高速に
  • AES 256ビット暗号化と2048ビットDHキー
  • ログなし方針でデータのプライバシーを保護
  • 30日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、ESPNなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Xbox、プレイステーションなど

PrivateVPNは業界で最も信頼されているVPNの1つです。きちんとしたセキュリティ対策と高速通信が最大の魅力で、世界中の利用者が愛用しています。他のVPNよりはサーバー数が少なめですが、通信は安定しています。ベトナム各地に住んでいる当サイトスタッフが確認済みです。

サーバーは200個程度しかありませんが、香港や日本などベトナム周辺地域にもいくつかサーバーがあります。高速通信を楽しめますし、PrivateVPNなら自由にサーバーを切り替えられるので、好みのサーバーを利用できます。

ステルスモードはVPN通信を隠してくれるため、グレートファイアウォールを回避して検出されずに海外のサイトを閲覧できます。ISPにもVPNを使用していると知られません。厳しいログなし方針があるのでネットの利用状況のプライバシーを守れます。

また、PrivateVPNは高度なAES 256ビット暗号化でデータを守り、複数のセキュリティプロトコルから選ぶこともできます。ただし、ベトナムではL2TPでVPNを使用することになります。他のプロトコルはブロックされています。

PrivateVPNだと最大で10台の端末を接続できます。サーバーネットワークはあまり充実していないため、ベトナムに入国する前にカスタマーサポートに問い合わせておすすめのサーバーはどれか聞いてみると良いでしょう。PrivateVPNは24時間年中無休のライブチャットサポートがあるので気軽に質問できます。

また、30日返金保証もあるのでリスクなしでPrivateVPNの使い心地を実感できます。

Hotspot Shield―ベトナムのサーバーで超高速通信

  • 全世界に1,800個のサーバーがあり、ベトナム国内のサーバーも利用可能
  • カタパルトヒドラプロトコルで通信速度アップ
  • 自動停止スイッチで匿名性を確保
  • プレミアムプランでは同時に最大で5台を接続可能
  • 45日返金保証
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、HBO GOなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Chrome、Firefox、Blackberryなど

Hotspot Shieldは通信が速いことで知られていますが、他にも高度なセキュリティ対策機能やサーバー数が多いことが魅力的です。110か国に1,800個のサーバーがあります。

さらに、ベトナムにVPNサーバーを用意しているという点ではHotspot Shieldはとても珍しいVPNだと言えます。つまり、近くのVPNサーバーに接続でき、ベトナムのIPアドレスでインターネットサーフィンできるということです。通信が速いのも納得できますね!

しかしテスターが実際に試したところ、このVPNは常にベトナムで利用できるとは限らないということが分かりました。また、プライバシー方針も不審な部分があります。Hotspot Shieldに知られたくない情報も記録していると書かれているからです。本当のIPアドレスやネットワークに関する情報を記録していると書かれていますが、ネットワークに関してどのような情報を保存しているのかはっきり情報を開示していません。

Hotspot Shieldはカタパルトヒドラという独自のVPNプロトコルを提供しています。ネット検閲が厳しい地域でも高速速度とセキュリティ対策を楽しめるように設計されたプロトコルです。ベトナム在住のテスターはこのVPNサービスを定期的に調査しています。

自動停止スイッチがあり、接続が途絶えた場合も安心です。また、厳しいログなし方針もあるので誰にも通信を記録されません。さらに、高度な暗号化でデータを守り、マルウェア対策機能があるので不正な攻撃を防止してくれます。

Hotspot Shieldのプレミアムプランでは、1つの契約で最大5台の端末を接続できます。

トラブルがあっても24時間年中無休のライブチャットサポートが素早く対応してくれます。Hotspot Shieldのプランは返金保証付きなのでリスクなしでお試しいただけます。

ProtonVPN―基本的な無料プランがあり、手頃な価格でアップグレード可能

  • 基本的な無料プランは3か国にサーバーあり
  • 帯域が無制限
  • AES 256ビット暗号化
  • 厳しいログなし方針あり
  • 広告ブロッカーを搭載
  • YouTube、Google、Facebook、Twitter、WhatsApp、Kodiなどを利用可能
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linuxなど

ProtonVPNは低価格のVPNで、無料で使えることも魅力的です。通信速度とセキュリティ対策を妥協せず、安定した通信を楽しめます。ただし、無料プランでは1台の端末しか接続できず、通信速度はあまり速くありません。

ProtonVPNの無料プランでは基本的な機能を利用でき、データ通信量は無制限です。アメリカ、オランダ、日本のサーバーに接続できますが、ベトナムで利用する場合は日本のサーバーが最速です。

有料プランに加入すると60か国に200個以上のサーバーがあり、自由に接続できます。また、P2P・BitTorrentに対応しているのでトレントをダウンロードしたり、Secure Core VPNを使って複数のVPNサーバーに通信を経由させることもできます。

高価格なプランを選ぶほど通信速度が速くなるので、動画を視聴したり、ファイルを頻繁にダウンロードする予定であれば、それなりの費用を支払う必要があります。さらに匿名性を守りたい場合はTorオーバーVPNが可能なプランを選ぶと良いでしょう。Torネットワークを使ってインターネットを利用できるようになります。

しかし、有料プランにアップグレードするならExpressVPNなどトップクラスのプロバイダがおすすめです。

プライバシーを守ってデータを隠すため、ProtonVPNは厳しいログなし方針があります。最高レベルのセキュリティ対策のため、AES 256ビット暗号化を採用していますし、マルウェアやウイルスから身を守るために広告ブロッカーも搭載されています。

1台から10台までを接続できますが、プランによって同時に接続できる端末数が異なります。カスタマーサポートにはチケットで問い合わせることになります。有料プランは30日返金保証があるのでリスクなしで加入できます。

Windscribe―無料プランでも毎月10GBデータ通信が可能

  • 無料版があり、香港を含め60か国にサーバーあり
  • 毎月10GBまでデータ通信可能
  • R.O.B.E.R.Tツールが宣伝やトラッカーをブロック
  • ダブルホップ機能で2つのサーバーにデータを送信
  • AES 256ビット暗号化、ログなし方針あり
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、Kodiなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Chrome、Firefoxなど

Windscribeは信頼できるVPNプロバイダで、有料のProプランだけでなく便利な無料プランもあります。60か国に170個のサーバーが用意されていて、無料プランでは10か国のサーバーしか接続できませんが、香港にも無料サーバーがあるのでベトナムで利用するのにぴったりです。

Windscribeは業界トップクラスのAES 256ビット暗号化を採用しています。R.O.B.E.R.T.ツールを使うとサーバー側でブロックするドメインやIPアドレスを設定できるのでトラッカーやマルウェアなどの脅威から身を守るために役立ちます。

無料プランでは毎月10GBまでデータ通信可能なので、普通にインターネットサーフィンしたり、数時間ストリーミングしたりするには十分だと思います。

テスターによると、Windscribeの通信速度は安定していることが多いそうですが、スピードテストでは業界大手のVPNと比べると少し遅いことが分かっています。通信速度は普通にインターネットサーフィンするには十分ですが、たくさんストリーミングしたりファイルをダウンロードする場合はこのランキング1位から5位のサービスをご利用ください。

Windscribeは業界最先端の暗号化と厳しいログなし方針と言った特徴があるので、通信はいつも隠され、VPNに記録されることはありません。

Proプランを選んだ場合、毎月または毎年の支払いから選べます。毎年支払いの方がかなりお得なので、数か月利用する場合はそちらをお選びください。

ただし、契約に申し込む前に無料プランを試すことをお勧めします。Proプランに加入して満足できなかった場合、返金保証期間は3日しかないからです。無料プランでも24時間年中無休のライブチャットでサポートに問い合わせられるのは頼もしいと思います。

hide.me―使いやすく、比較的高速

  • 無料プランがあり、サーバーを40か国に用意
  • プレミアムプランはデータ通信量が無制限
  • AES256ビット暗号化、IP漏洩対策
  • 自由にサーバー切り替え
  • 自動停止スイッチと厳しいログなし方針あり
  • 利用可能なストリーミングサービス:Netflix、Hulu、YouTube、Amazonプライムビデオ、HBO GO、Sky Goなど多数
  • 対応端末:Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Chrome、Firefoxなど

Hide.meは名前の通りデータをしっかり隠してくれるVPNです。軍事レベルの暗号化を採用しているのでネットで何をしているのか見られることはありません。

40か国に2,000個以上のサーバーがあるのでいつもで高速なVPNサーバーが見つかるはずです。ベトナムに到着したら、香港、日本、台湾、ベトナムなど周辺諸国のサーバーに接続できますが、これはプレミアムプランだけの特権です。

Hide.meは無料プランがありますが、ドイツ、カナダ、オランダ、アメリカの東・西海岸の合計5個のサーバーしか利用できません。そのため、ベトナムで利用するのであれば無料プランはお勧めできません

プレミアムプランだとデータ通信量が無制限でIP漏洩対策や自動停止スイッチなど最高レベルのセキュリティ機能を利用できます。自動停止スイッチは接続で問題が発生した場合に自動で通信を遮断してくれるのでデータ漏れを防ぐために必要不可欠です。

さらに、Hide.meは厳しいログなし方針があるのでプライバシーを保証しています。思う存分サーバーを切り替えられるので自由なインターネットを楽しめます。

ベトナム在住のテスターによると、普段は通信が安定しているそうですが、時々通信が遅いことがあるのでランキングトップにはなりませんでした。

Hide.meはセットアップが簡単で使いやすく、メールアドレスを入力しなくても使い始めることができます。

また、プレミアムプランは30日返金保証付きですし、質問があれば24時間年中無休のライブチャットに問い合わせられます。

VPNについて知っておきたいこと

まず最初に、ドイツで使えるVPNを見つけるのは簡単なことではないことをご理解ください。

ほとんどのVPNはドイツで使用できるほど安定しておらず、どんなに優れたVPNでも突然ブロックされてしまうことがあります。このような事態を避けるためには、事前に調査をする必要があります。このような事態を避けたいのであれば、事前の準備が重要になります。

2〜3種類のVPNをダウンロードするだけでなく、ドイツに出発する前にそれらを試してみてください。もちろん、ドイツで使えるかどうかは現地に行ってみないとわかりませんが、使い方を確認して、自分の端末に設定しておくといいでしょう。

コストが高いと思われるかもしれませんが、ExpressVPNなどトップクラスのVPNには返金保証がついていますので、サービスに満足できなければ全額返金してもらえます。複数のサービスに加入していても、ドイツに着いてから使えないものはキャンセルして全額返金してもらえます。

バックアップのVPNを使う必要がある場合は、利用可能なうちに別のVPNをダウンロードしておきましょう。

バックアップVPNを使用する必要がある場合は、利用可能な間に別のものをダウンロードしてください。安心してください。私たちが推奨するVPNにはすべて返金保証がついていますので、VPNが突然使えなくなっても全額返金してもらえます。

ドイツでVPNが使えない時の解決方法

お使いのVPNがドイツで利用できない場合、それを解決するのは簡単なことではありません。イライラしてあきらめてしまう前に、以下の手順で何が問題なのかを確認し、解決しましょう。

問題を解決する最も簡単な方法は、他のVPNサービスに切り替えることです。そのため、ドイツに出発する前に、少なくとも2つのVPNを契約しておくことをお勧めします。

1つのVPNが利用できない場合でも、もう1つのVPNを使い続けることができるかもしれません。用意した他のVPNも利用できない場合は、次のステップに進んでください。

 

安定した通信を行うためには、いくつかの方法があります。まず、別のサーバーに接続してみてください。別の国のサーバーを試してみるとうまくいく場合があります。

それでもうまくいかない場合は、別のセキュリティプロトコルに変更してみてください。ドイツの推奨VPNの多くは、独自のプロトコルを持っています。他にもOpenVPNやIKEv2など、いくつかのプロトコルが用意されているはずです。それぞれ通信速度やセキュリティ対策が異なります。ご自分が使えるプロトコルを探してみてください。

 

それでもうまくいかない場合は、別の機器を試してみてください。例えば、ノートパソコンで接続できない場合は、携帯電話で試してみてください。

最後の手段は、別のネットワークを使うことです。公共のWi-Fiネットワークを利用したり、友人に頼んでモバイルホットスポットを作ってもらったりします。

注:社会情勢が悪化しているときは、VPNに接続していても通信が不安定になることがあります。ドイツでデモが行われ、世界が注目しているときには、インターネットの検閲が通常よりも厳しくなることがありますが、これは一時的な措置であることが多く、しばらくすれば通信は正常に戻るはずです。

よくある質問

無料VPNはドイツで利用できますか?

はい、ドイツにはいくつかの無料VPNがあります。例えば、WindscribeとHotspot Shieldには無料プランがあり、ドイツのインターネット検閲に対抗することができるかもしれません。

ただし、無料プランには重要な機能が欠けていることが多いので、有料プランに加入したほうがよいでしょう。というのも、広告が多く表示される、自動停止スイッチがない、暗号化が弱いなどのデメリットがあるからです。また、無料プランでは、通信速度やデータ通信量に上限が設けられていることが多く、快適に利用することができません。

ドイツでインターネットを利用する際には、特にセキュリティ対策が重要です。疑われたり、ネット上での行動を注意されたりすることは避けたいものです。ですから、最高レベルのセキュリティ機能は必須です。多少費用がかかるかもしれませんが、それがドイツでは当たり前なのです。

幸いなことに、短期間の旅行であれば、上位のVPNは返金保証があるので実質無料で利用できます。たとえば「ExpressVPN」は30日間の返金保証があり、返金の理由を聞かれることもありません。旅行中に使用して、帰国後に返金を請求すればよいのです。

この記事で紹介していない無料VPNは使用しないでください。ドイツでは使用できない可能性が高いですし、セキュリティ対策が不十分でデータが危険にさらされる可能性があります。くれぐれも油断せずに、オンライン上のプライバシーを守るための適切な対策を講じてください。

ドイツに滞在中は常にVPNを有効にしておくべきですか??

しかし、ドイツでインターネットを利用する場合は、可能な限りVPNに接続することをお勧めします。VPNは、セキュリティとプライバシー保護のための最高のツールですから、できるだけオンにしておくのがよいでしょう。

また、定期的にVPNに接続していれば、接続を忘れることもありません。特に公共のWi-Fiを使っているときは忘れがちなので、普段から有効にしておきましょう。

ドイツでVPN通信が遅い理由は?

VPNを利用してネットサーフィンをすると、すべてのデータが暗号化され、合成されて遠隔地のサーバーに送信されるため、通常よりも通信が多少遅くなることは避けられません。しかし、ExpressVPNのようなプレミアムVPNを利用すれば、通信の遅延はほとんど気になりません。

いつもより通信が遅いと感じた場合は、ネットワークやサーバーが混雑していることが考えられます。別のサーバーに変更してみて、改善されるかどうか試してみてください。

ドイツのIPアドレスを取得する方法は?

ドイツのサイトにアクセスしたい場合は、ドイツのIPアドレスが役に立ちます。ドイツにサーバーを持つVPNが必要ですが、これを入手するのは簡単ではありません。最適なのはHotspot Shieldのプレミアムプランです。

ドイツではどのVPNセキュリティプロトコルが最適ですか?

原則として、「OpenVPN」または「IKEv2」の使用を推奨します。どちらも高度なセキュリティ対策に適しているからです。ただし、これらのプロトコルは、ドイツでは必ずしも利用できるとは限りません。特に、OpenVPNの通信をスクリーニングするには、追加の対策が必要になります。

OpenVPNをベースにしたVyprVPNのChameleonプロトコルをお勧めします。

まとめ

日本からドイツに渡航される方は、インターネットの状況が通常よりも複雑であることに注意してください。

プライバシーを保護するには、入国前にVPNをダウンロードしておくのが一番です。インターネットを自由に利用でき、ブロックされているコンテンツも閲覧できるようになります。

ドイツでおすすめのVPNは、高速で安全性が高く、安定した性能を備えています。また、トップクラスのセキュリティ機能を備えており、個人情報や位置情報、インターネットの利用状況などを隠してくれるので、安心してインターネットを楽しむことができます。

ドイツで利用できるVPNで最も優れているのは、ExpressVPNです。ドイツ国内や周辺に安全なサーバーが多数あり、通信も非常に高速です。あらゆるサイトやアプリにアクセスするのに最適なツールです。

記事が参考になれば幸いです。

Originally posted 2022-01-21 17:09:11.

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる